2017年03月29日

タイで若者の飲酒運転を厳しく処罰!

  <若者の飲酒運転を厳しく処罰
 政府は3月28日の閣議で、20歳未満の者が血液100ミリグラム当たりアルコール20Mg/dLを超えた状態で車両を運転していた場合、処罰対象にするとの道路交通法改正案を承認した。
 20歳以上については、これまで通り50Mg/dLを超えた場合に飲酒運転で処罰される。なお、20歳以上であっても仮免だった場合などは20Mg/dL以上で飲酒運転となる。{バンコク週報ウエブ・29/03/2017配信を転載}

◎「血液100ミリグラム当たりアルコール20Mg/dLを超えた状態」というのは、日本の基準との比較はどうなるのか??!! 1デシリットルあたり20ミリグラムの意味でしょうかね?

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 16:00| Comment(1) | TrackBack(0) | チェンマイ道路・交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大文字のMはメガ(10^6)だから 1デシリットルあたり20トンは越えてませんよ と言っても駄目でしょうね。
Posted by チェンマイの名無しさん at 2017年03月30日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448531284
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック