2017年03月21日

地元新聞チェンマイニュース紙・2017年3月中旬(A)

◎<タイの子供の水難死は年間1000人以上!
◎<中国がチェンマイに24時間受け付けの旅行者救援センター開設

  詳細は以下に・・・

  <タイの子供の水難死は年間1000人以上!>

 タイでは15歳以下の子供の死亡原因の第1位が水難死で、ここ10年以上は1000人を超えている。その数が特に多くなるのだ、長期夏休みの3月から5月で、他の月の1.5倍以上にもなる。毎年3月の最初の土曜日を、「子供水難防止の日」と定めている。
 タイの15歳以下の人口は1300万人余りで、その内で泳げる子供は16.3%しかいない。この水難死を防止するために、学校や地域での水泳訓練、救命訓練などの普及が課題となっている。

 <中国がチェンマイに24時間受け付けの旅行者救援センター開設>

 チェンマイを訪れる中国人旅行者は年間140万人にも達しており、それにともなってトラブルが急増。最も多いのが交通事故トラブルで、他には盗難紛失トラブル、買い物トラブルなど。いずれも、タイの法律や文化・伝統・習慣を理解しなくて起こっている。
 それに対して、チェンマイ市内チャンクラーン通りの客家協会に、24時間受け付けの旅行者救援センターを、3月6日に開設した。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2017/03/14)


♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ地元新聞・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448199383
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック