2017年03月07日

テント泊で翌朝のランパーン市内のマラソン大会を走る(3)

 確か300バーツ程度で買った安物の1人用テント。かつてチェンダオ登山の時に、荷物置き場用テントとして使ったことがあるが、自分がその中で寝るのは初めて。・・・

 公園の片隅などにはすでに2つのテントが張られており、私のテントが3番目。まずは、トイレの位置を確認してから、芝生でなくコンクリートの上にテント設営。

 1人用のテントとはいえ、1人で設営するのはちょっと苦労するが、庵の家で前もって設営を練習してきたので、さほど苦労しなかった。こんな公園でテントを張って一夜を明かすとは、これまでは思いもよらなかった。

 まあ、この貴重な体験はホームレスに落ちぶれても役に立つに違いない。役に立ってほしくはないのだが。バイクをテントの横に持ってきて駐車。荷物はテントの中に置いて、貴重品を入れたカバンだけを背中に担いで、いざ、夕食をとりに表の国道沿いの商店街に歩いて行くことに。

 すると、新しくやってきて、1人用テントを組み立てている男の人が。設営を手伝ってあげることにする。小柄で日に焼けた62歳の方で、なんと南タイのトラート県から自家用車でやってきたとのこと。まさか、本当にトラート県から走りにやってきたなどとは、にわかには信じられない。だが、信じる他ない。

 この小柄の大人しそうなおっさん。レース後の表彰式で、なんと60歳から64歳の部で堂々の1位で表彰されるではないか。彼曰く、車でやってきてテントで寝起きしたほうがサバーイ、サバーイだと。どうやらそんじょそこいらのマラソンランナーおっさんとは格が違うようだ。

 近くならバイクに乗って行けば便利なのだが、3時間以上もバイクに乗りっぱなしでは、さすがにこれ以上バイクには乗りたくなくなる。歩く方が気楽である。

 うまい具合に、公園近くの沿道はセブンやロータスのコンビニもあるちょっとした商店街。とりあえず、屋台や食堂を見て回る。先に公園で頂いたグリーンカレーぶっ掛けご飯がまだ腹に残っているようで、麺類だけで夕食を済ますことに。

 歩道上にイスとテーブルを並べた麺屋台。とおりすがりに先に食べている客の丼を見たら、あきらかに量が多くて美味しそうではないか。クエッティオトムヤムマナーオを注文。まさしく大盛りで、具がいろいろ入っていてスープも美味。それで35バーツとは、次々と客がやってくるのも頷けた。

 旅先ではなかなか美味しいメニューに出会えないのであるが、こんなラッキーなこともある。来年もここに走りに来て、この屋台の麺を食べたくなるほどだ。食べた後は、ロータスエキスプレスのコンビニに立ち寄り、早寝できるように缶ビールとつまみを購入。

 公園に蚊がいそうなので、テントの中で風通しを良くして「独り酒」。やはり、チェンマイで十数年来の友人で急逝した“のぼる”さんの想い出が脳裏をよぎる。何年も前だが、マラソンを一緒に走れるように頑張り出した頃ののぼるさんが思い出された。

 「いったい何してるのヤマさん!」と、初マラソンを必死で走っている私に、突然後ろからバイクに乗ったのぼるさんが、笑いをこらえながら声をかけてきた。

 「のぼるさんこそ・・・こんな所になんでいるの?」。「ハーンドーンのマクロに食堂の仕入れの帰りだよ!」。「もう少し早く走った方がいいんじゃないの?」。「これでも必死で走っているんよ!」。「ヤマさん、頑張って下さいよ!」。こんなのぼるさんとの会話が、今でも鮮明に思い出される。

 ひと1倍病院嫌いで、自分の病気の姿を友人や知り合いに絶対見せたくなかったのぼるさん。田舎のパーンに引きこもっていると聞いて、何度も電話したが、1度も出なかったのぼるさん。今になって思えば、忍び寄ってくる死を覚悟して、友人との電話やメールでの接触を一切絶ったのではあるまいか。

 こんなことなら、黙ってパーンののぼるさんを訪ねてお見舞いするべきであった。でも、後悔先に立たず。今となっては、安らかに永眠して下さいと祈る他ない。{続く}

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 14:00| Comment(1) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のぼるさんとは7年前の旅行でチェンマイに来た時知り合い、3年前チェンマイに住みだしたころはちょくちょくお邪魔してましたが、田舎に引っ越し疎遠になっていたのですが、何度か行ってもお会いできず、ブログの更新もされてないので心配してました。半月ほど前に邪魔した時店が変わっていたのでびっくりしていましたが。そんな事だったんですね。奥さんともども気さくに接してもらったので、残念でなりません。のぼるさんの冥福を祈ります。
Posted by alfa at 2017年03月07日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック