2017年02月17日

タイのGDPでの観光収入比率18%近くに拡大!

 タイ観光スポーツ省によれば、タイのGDPに占める観光収入の比率は、一昨年の16・7%、昨年の17・7%、今年の17−18%(推定)と拡大傾向とのこと。この増加傾向は、タイ経済にとって非常に大きなリスクと危惧されている。以下に関連記事。・・・

   <観光収入の比率拡大はリスクも拡大
 観光スポーツ省のポンパヌ事務次官によれば、タイのGDPに占める観光収入の比率は、一昨年の16・7%、昨年の17・7%、今年の17−18%(推定)と拡大傾向にあるが、これはタイ経済にとってリスクの拡大を意味しているという。この比率は世界的な対GDP比率9%を大幅に上回っている。
 同事務次官は、「(GDPにおいて)観光収入が大きな割合を占めることはタイ経済にとって非常に大きなリスク。観光客は事件などが起きれば激減し、観光産業は大打撃を受けてしまう」と説明している。なお、今年の観光収入は前年を8・17%上回る2兆7100億バーツ程度と見込まれている。{バンコク週報ウエブ・17/02/2017配信を転載}

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447102659
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック