2017年02月15日

岡山県のマラソン大会で誘導ミス!ベッタで完走の児童が優勝者?

 マラソンをしている者として、こんなことが”きちんとした大会運営の日本”で起こるなど青天の霹靂。まあ、テレビでも話題になった“信じられないマラソン大会”に出ただけで、一生の想い出になった。とおおらかに考えてもらいたいものです。以下に関連記事。・・・

  <マラソン大会で誘導ミス 完走児童は1人だけ
 1人だけ正しいコースを走りました。マラソン大会で誘導ミスがあり、参加した263人中262人が失格となりました。
 ミスが起きたのは、5日に岡山県笠岡市で開かれたマラソン大会です。笠岡市によりますと、3キロコースの小学3年生から6年生の部には263人が参加。誘導ミスによって262人が誤ったコースを走りました。
 本来、3キロだったコースは2キロ足らずになり、1位の児童は6分51秒でゴールしました。最後を走っていた児童の後ろには係員が付いていたため、たった1人だけ正しいコースで走りきりました。他の児童は全員失格となり、笠岡市は唯一、完走した児童を優勝者として表彰することを決めました。{テレビ朝日系(ANN) 2/14(火) 17:27配信を転載}


♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック