2017年01月21日

チェンマイ福井県人会の新年会は福井出身の文化・芸能人の話題で盛り上がる

 毎年1月頃に、真冬の寒い福井を逃れて、チェンマイにやってくるシーズンステイのSさん。今回は奥さんと2人。そこで、歓迎の意味も込めてチェンマイ福井県人会の新年会を持つことに。・・・

 というのも、言わなければバレないのではあるが(?)、チェンマイ福井県人会といっても、勝手に名乗っているだけで実態はないに等しい。在チェンマイ福井県出身者の4人に声をかけて、“会にかこつけて”たまには飲み会をやろうと動機不純の県人会かも。

 この夜に、チェンマイ市内の場末のお粥屋の新年会に集まったのは、福井県出身者4名、他県出身の奥さん2人の合計6人。「たったそれだけで福井県人会はないだろう?」とのご指摘は、甘んじて受けましょう。

 たぶん、チェンマイ総領事館によればチェンマイ県だけで在留届を出している長期滞在日本人の方が3000人前後いるようなので、福井県出身者がわずか4名というのは有り得ない。でも、いたとしても最大7人か8人まででしょうかね?

 それに、飲み会にかこつけたような怪しいチェンマイ福井県人会があるのを知っている福井県人の方はどれだけおられようか?

 よしんば、知っている方がいても、まともな神経の持ち主ならば怪しい福井県人会などに近寄らないかもしれません。それが“世の中”というものです(支離滅裂かな?)。

 今回は、Oさんのいつものお得意の“下ネタ”に加えて、めずらしく福井県出身の文化、芸能人の話しで盛り上がった。歌手の五木ひろし、清水国明、元モーニング娘の高橋愛、歌人の俵万智、文学者の中野重治などなど、枚挙にいとまがない。(書き出すのが面倒なのだけかも?でも、他県に比べたら圧倒的に少ない数の有名有名福井県人でもあろう)

 3時間以上もの間、6人で腹一杯食って、5人でビール飲んで、1人当たり220バーツ(約750円)とは、さすがにチェンマイ市内の場末のお粥屋さん。これだから、我々県人会の場所はこれまでもこれからもここに決まっています。

 ちなみに、タイのバンコクには由緒正しい福井県人会があります。チェンマイの“隠れ福井県人(失礼な!)”で、次回のチェンマイ福井県人会に“怖いもの見たさに”一度参加しようと、“とんでもないこと”を考えている方は、メール連絡して下さい。

 ◎福井県に湯刈りのある人物・・・以下のウエブサイト参照。
  http://info.pref.fukui.jp/koreki/whats/what_03.html

 ◎他にも以下のような有名福井県人紹介サイトがあります。
  https://matome.naver.jp/odai/2135606267735800601
  https://matome.naver.jp/odai/2135278702679190801
  
♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロングステイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック