2017年01月08日

ワゴン車のGPS Tracking設置を3月末までと早める

20170108newsA.png
 
 運輸省陸運局はバスやワンボックスワゴン車などすべての公共交通機関の自動車に対して、GPS Tracking設置を義務化した。昨年2016年1月25日より、今年2017年末までに設置する義務が課された。しかし、ワンボックスワゴン車でバンコクと他県を結ぶルートを走る場合には、前倒しして3月31日までの設置を義務付けた。GPS Trackingを全車両が設置することにより、Realtime onlineで運行車両のスピード違反などの交通違反の監視に役立ち、交通事故防止にも役立つと期待されている。また、公共交通機関の自動車以外でも、10輪を超える大型トラックにも、GPS Tracking設置が義務化されている。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2017/01/08)


 ◎”ロットトゥー”と呼ばれるワンボックスワゴン車。乗客を乗せて走るその路線ワゴン車による交通事故が頻発して、多くの死傷者が出て社会問題になっているタイ。まあ、試しに中距離、長距離路線を走るワンボックスワゴン車に乗車してみてください。危ない運転にスリル満点(?)かと!

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ道路・交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445713239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック