2016年12月15日

チェンマイ第二空港はランプーン県バーンティ地区付近に決定か?

20161215newsAA.png

 現在のチェンマイ空港は需要増で拡張整備しても、最大1200万人の利用客受け入れが限界で、それが5年後にやってくると予想されている。そこで、1万ライ以上の敷地のチェンマイ第二空港の建設が必要となり、これまで何ヶ所かの候補地が検討されてきた。
 そして、県やタイ空港会社など関係当局が、チェンマイ第二空港はランプーン県バーンティ地区付近にチェンマイ県サンカンペーン郡メーオーン地区と重なる場所に、1万ライ以上の敷地を確保して、第2空港を建設する方向で合意した。今後は環境アセスメントを実施し、2019年に建設工事を開始して3年後の2022年の完成を目指すことにしている。
 なお、現在のチェンマイ空港だが、新たな空港待合室や2000台収容する駐車場の建設を行うことになっている。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2016/12/14)


 ◎先日木曜夕方前に、チェンマイ空港に自動車で出掛けたのだが、まず駐車場がほぼ満杯で場内をぐるぐる回って空きをさがすのにひと苦労。旅行ハイシーズンということもあろうが、空港の駐車場はもう満杯状態になっている。

 ◎また、空港からエアポートプラザに向かう短い距離の道路だが、これまた、平日とあって、通勤通学車両も合流してひどい渋滞。空港への行き帰りはこのことを覚悟して、時間の余裕を持つことが求められるようです。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北タイ最新エアーライン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444917179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック