2016年11月18日

在チェンマイ日本総領事館からのTM30に関する重要なお知らせ

 <在留邦人皆様へ及び旅行者の皆様へ>ということで、{「外国人を宿泊させた場合のTM30による届出」について、多くの皆様から問い合わせを頂いた内容を次の通り、改めてお知らせします」}と、在チェンマイ日本総領事館から以下のような重要なお知らせが出ています。・・・

 既にお知らせしましたタイ入国管理局の取扱いの変更について、多くの皆様から問い合わせを頂いた内容を次の通り、改めてお知らせします。罰金の対象となる事案ですのでご注意をお願いします。
<外国人を宿泊させた場合の届出>
1 仏暦2522年(1979年)入国法
  第38条 戸主、家の所有者又はホテルのマネジャーは、滞在許可を得た外国人を宿泊させた場合は、所在地の管轄入国管理事務所の担当官に対し、24時間以内に届出を出さなければならない。入国管理事務所がない地域では、管轄の警察署に対し届出を出さなければならない。(アパート等の場合はオーナーが入管への通報を行う。)

<外国人を宿泊させた場合の届出(タイ国入管案内)>
忘れずに 24時間以内に入国管理事務所に対し届出を。違反した場合、10,000バーツ以下の罰金(戸主又は家の所有者は2,000バーツ、ホテルのマネジャーは10,000バーツ)。詳しくは第5管区入国管理事務所にお問い合わせ下さい。 Tel. 053-121323 ホットライン 1178

2 タイへ無査証で入国・滞在が認められた方、短期滞在ビザ取得し入国された方及び長期滞在ビザで滞在されている方
(1)ビザ更新を行うためには、外国人を宿泊させた場合の届け出(TM.30、ホテル、アパート、ハウスのオーナー等が下記に示す書類を準備し申請)が必要です。ビザ更新の際はパスポートにこの届け出が行われたことを裏付ける半券が貼付されておりませんと、申請が行えない上、罰金の対象となりますのでご注意下さい。

<TM.30届出に必要な書類>
a.家主の住居登録証のコピー
b.家主のI.D.カードのコピー
c.外国人の入国カード・パースポートのコピー(写真・記載事項、現在のビザ、入国印があるページ)
※上記の書類はそれぞれ本人のサインが必要です。
※ホテル、ゲストハウス等によるオンライン届出の場合、オンライン届出書類をプリントアウトしa.とb.のかわりにご使用下さい。

(2)オーナー等から登録がされている方で半券をお持ちでない方は、入国管理局届け出窓口において、宿泊の届出データーが確認出来れば、窓口で半券が交付される取扱いとなっております。ビザの更新の際は、必ず半券を準備下さい。

3 1回目の登録データが記録され、再入国された場合
2回目以降は、住所の変更(届け出)がない限り、大家等の書類が不要となり、借家人(滞在者)本人がアップデートの手続きを行うことで、新しい半券の交付を入管より受けられます。(具体的取扱いについては、住所登録を行っている入国管理局か入管事務所へお問い合わせ下さい。)

チェンマイ入国管理事務所  Tel. No. 053-201756 内線17
ランプーン入国管理事務所  Tel. No. 053-584234
ランパーン入国管理事務所  Tel. No. 054-209534
チェンライ入国管理事務所  Tel. No. 053-731008
パヤオ入国管理事務所    Tel. No. 054-079852
以上
在チェンマイ日本国総領事館
住所: Consulate-General of Japan in Chiang Mai, Airport Business Park, 90 Mahidol Rd., T.Haiya, A.Muang, Chiang Mai 50100, Thailand
電話:+66-53-203367
Fax: (代表)+66-53-203373, (領事部)+66-53-203377

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 10:30| Comment(5) | TrackBack(0) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TM30の記事を拝見し、先日イミグレで渡された書面の意味がわかりました。ありがとうございました。

新規にリタイアメントVISA の申請に行ったのですが、他の方の参考になるかもしれませんので、その顛末を書きしるさせていただきます。結論から言うと、当日に申請は出来ませんでした。VISA 無し入国による30日の観光VISA からの「VISA変更」が必要だったのですが、「VISA 変更」には事前予約が必要だったためです。また、予約が混んでおり、「VISA変更」の要件である15日以上の滞在期間が残っているうちに予約が取れないため、1900バーツを払い観光VISAの30日延長をせざるを得ませんでした(私の場合、11月1日入国し3日にイミグレに行き、予約は12月6日です。もう少し早い予約も可能だったかもしれませんが、いずれにせよ観光VISAの延長が必要だったので、言われたままの日で了解しました。12月6日に申請に問題があった場合を考えると、早いに越したことはなかったと後から思っています)。予約は午前中のみの受付のようです(「VISA延長」の順番待ちの札を渡され4時間待った後に「VISA変更」に行くように言われたので午後になっており、受付は午前中で終了したと最初は言われました)。また、「VISA 変更」はプロムナーダの1階ではなく3階(タイでは2階?)になります。予約完了時にTM30の内容の書面を渡されましたが、オンライン届けのプリントアウトがあれば家主のIDのコピーなどの代替となるとの説明はありませんでした。

以上、長くなってしまいすみません。
Posted by KEN at 2016年11月25日 10:46
>ビザの更新の際は、必ず半券を準備下さい
TM30半券を貰いに空港脇の管理局に行きました(先にプロムナーダに行ったら此処ではないと言われた、空港脇は以前のビザの建屋ではなくその奥の建屋)。申請書は担当官が全部書いて半券をパスポートに添付してくれました。
試しに担当官に、「ルール上、半券は申請者であるアパート管理人が貰いに来るのが筋か或いは賃貸居住者が自ら貰いに来るべきものなのかを聞いて見ると、管理人が(オンラインで)登録をしたかをPCで確認出来ればよく、入国管理局は必ずしも半券所持を要求している訳では無いようです。
コメント欄でイミグレで半券は必要なかったとか追い返されたとかはこの辺の違いではないでしょうか。
尚、俺がルールのタイなので、90日&ビザ更新事務所の方ではそうではないかも知れないので責任は負いかねます。プロムナーダの受付の姉ちゃんに半券添付がMUSTなのか聞いてみたがチンプンカンプンで相手にならなかった。
Posted by チェンマイの名無しさん at 2016年11月25日 11:57
今日12月28日プロムナーダのイミグレーションにノウビザ30日滞在okのツーリストヴィザの延長申請に行って来ました。コンドミニアムのオーナーのTM30の申請書類のコピーを持参して2F(日本の3F)で20分程列に並んで半券を貰ってBF(日本の1F)に30分程並んで受付して貰ったのですが、前に並んでいるファランもチャイニーズも半券を持っていないではありませんか!私の番になって半券をTM7の申請書類と一緒に提出したところ素っ気なくく返却されました。一体どうなっているのでしょうか?もしかしたら必要なくなっているようです。とりあえずお知らせまで。
Posted by どんたく at 2016年12月28日 19:12
12月28日お知らせしました、どんたくです。TM7の申請書類は1枚だけで済みましたので、当然写真は1枚だけで済みました。念のためにお知らせ致します。
Posted by どんたく at 2017年01月02日 18:40
ナコンパノム在住でチェンマイ総領事館の管轄ではありませんが、

「1回目の登録データが記録され、再入国された場合、2回目以降は、住所の変更(届け出)がない限り、大家等の書類が不要」とありますが、ナコンパノムではタビアンバーンとIDカードが必要でした。イミグレーションによって対応が違うのかもしれません。ご注意ください。
Posted by From Nakhonphanom at 2017年10月01日 08:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック