2016年11月15日

チェンマイ市内各所で旅行者が規制を無視してコムロイを舞い上げる!

20161115newsZZ.png

20161115newsYY.png

 チェンマイ県知事は、県内でのロイクラトン祭りでのコムロイ売買や舞い上げに対して、日時と場所を厳しく規制。そして、迎えた11月14日のロイクラトンの夜。チェンマイ市内で旅行者の多く集まるターペー門、ロークモーリー寺などで、外国人旅行者を中心に、厳しい規制を無視してコムロイを舞い上げる光景が見られた。22:39には、チェンマイ県知事などの警備員が出動して、違法なコムロイ舞い上げをしないようにスピーカーなどで訴えた。規制を無視してコムロイを舞い上げていた旅行者によれば、宿泊先のホテルがコムロイを手配してくれたとか、通りの店でコムロイを買うことができたなどと語っている。{cm.108のニュースより}

 ◎ブログ「チェンマイ独居老人の華麗なる生活」さんのロイクラトン当日夜のココの記事では、ナワラット橋の南側ピン川下流にあるいわゆる“鉄橋”たもとでは、例年のようにコムロイ(コムローイ)を打ち上げて楽しんでいますね。このゆるーい雰囲気では、最終日の15日夜には、チェンマイ市内各所から前夜より多くコムロイが打ち上げられるかも?(楽観的希望?)

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | チェンマイ・ロイクラトン・2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
15日夜もランプーンは不法コムロイが飛んでます。さすが数は例年より遥かに少ないが、チェンマイではもっと多いのでは? ランプーン上空の飛行高度は5百米位だからあまり危険は無いが、空港からドイステープ方向の出発空路は市内から上げるコムロイが危険。
Posted by 菅 久雄 at 2016年11月15日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック