2016年04月11日

ソンクラーン・不衛生な水の掛け合いでの目の炎症に要注意!

 4月10日に、チェンマイ大学医学部の医師は、ソンクラーン(ピーマイムアン)での激しい水掛け遊びの時の不衛生な水に対して注意を喚起している。昨今のチェンマイでの水掛け遊びは不衛生な汚れた水を使用する場合が多く、なおかつ強力な水鉄砲やバケツで激しい水掛けが当たり前になってきている。当然のことながら、不衛生な汚れた水を掛けられた場合、その水が目に入ると目に炎症を起こす場合が出てくる。
 とくにコンタクトレンズを着用しての汚れた水での水掛けは、目に危険なので避けるべきであろう。水掛けの後は、かならず清潔な水で目をよく洗うようにしなければ、目の炎症を起こす場合が多いであろう。このように、医師は注意を呼びかけている。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2016/04/10)

 ◎チェンマイ・ソンクラーン水掛け合戦に参戦する方は、日本から目薬持参をお忘れなく。水掛に参戦するので、ここはそれにふさわしいような気がする(?)サンテン製薬の目薬が適当かと。

 ◎結膜炎や目の炎症が怖くて、チェンマイ水掛け市街戦に参戦できるか??!!

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 07:00| Comment(1) | TrackBack(0) | チェンマイ・ソンクラーン・2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本から目薬を調達するとは(笑)。タイの普通の薬局に「オプサ(Hista-Ophusa)」と言うグリーンの包装の目薬が在ります。予防薬的な作用の弱い薬です。
Posted by 菅 久雄 at 2016年04月11日 10:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック