2016年02月19日

チェンマイで咲く日本桜はカワヅザクラ(河津桜)とヨウコウサクラ(陽光桜)か?

20160218sakuraA.jpg 20160218sakuraB.jpg

 熱帯タイのチェンマイでも、冬季の年末年始を中心に冷涼な山岳部では桜の開花が見られる。ただし、その桜はヒマラヤサクラという山桜の一種だといわれている。となると、日タイ親善のために、毎年のように、日本の国花のサクラの苗木をタイに持ってきて寄贈するのだが。・・・

 その日本の桜苗木が大きく育って、見事に花を咲かせる。その筈だが、その日本からの桜苗木は、数年以内にほぼ枯れて消滅してしまうようだ。

 チェンマイやチェンライなど北タイでは、約半年間が雨の降らない日照り続きの厳しい土壌環境。苗木を植えただけで育つことなど有り得ない。冷涼な山岳部で、かつ、水遣りや施肥などをこまめにやらないと木には育たないようだ。

 それでも、ほぼ毎年のように、日本からの桜の苗木がチェンマイやチェンライに寄贈されている。まあ、日本からの桜の苗木が全滅したとしても、“人に害を与えるわけではない”ので、寄贈はなかったこととして意識的に忘れ去られるようだ。つまり、日本の桜の苗木をチェンマイなどに寄贈しても無駄に終わる可能性が高いようだ。

 ところが、本日、知り合いの日本人が飼いたいとの要望を受けて、伝書鳩を求めてカムティアン市場に。鳥屋さんをさがしてうろうろ。わからないので、苗木売りのとある店の前にバイクを止めて、店主に鳥屋の場所を尋ねる。

 すると、その苗木屋の店先になんと1メートルくらいの桜の苗木がたくさん並んでいるではないか。苗木の幹には日本語で“河津桜”と“陽光”とあるではないか。すでに枝を張った陽光桜にはピンク色の桜がまあまあ咲いているではないか。

20160218sakuraD.jpg 20160218sakuraC.jpg

 チェンマイ市内のこんな植木屋の店先で、桜苗木が青々とした葉を付けて元気よく育っているとは驚き。花まで咲かせているとはさらに驚き。店先にある売り物なので、毎日のように灌水し、肥料も施して面倒を見ているに違いない。このように、毎日身近で苗木の面倒を見れば、日本の桜の苗木も元気に育つということだろう。

 苗木の値段を尋ねてみた。まだ花を咲かすには数年かかりそうな1メートルくらいの“河津桜”の苗木だが、なんと2,500バーツ(約8,250円)。枝ぶりの良い花を咲かせている“陽光”は3,000バーツ(約10,000円)とのことで、売約済みとのこと。

 まあ、店主は適当な値段を告げた可能性もあるのだが、日本でも桜の苗木はこのような高い値段でうられているのか知らん。(高い値段ではないかも?)

 さて、どなたか経済的に余裕のある方に。この店の“河津桜”の苗木を10本ほど購入し、山岳部の面倒見の良い村人に“有料で”育ててもらうのはいかがであろうか。無料で育ててもらうなどとケチな考えでは、数年以内に枯れても仕方がないでしょうから。

 以下に、カワヅザクラ(河津桜)とヨウコウサクラ(陽光桜)の概要説明を、参考までに。

■カワヅザクラ(河津桜)は、日本にあるサクラの一種である。オオシマザクラ (Cerasus speciosa (Koidz.) H.Ohba, 1992 ) とカンヒザクラ (Cerasus campanulata (Maxim.) A.N. Vassiljeva, 1957 )の自然交雑種であると推定されている。1月下旬から2月にかけて開花する早咲き桜である。花は桃色ないし淡紅色で、ソメイヨシノよりも桃色が濃い。また花期が1ヶ月と長い。

■ヨウコウサクラ(陽光桜) の学名はPrunus campanulata 'Yoko' でバラ科サクラ属。寒い地でも暑い地でも咲くようにと、カンヒザクラとアマギヨシノ(天城吉野)を交配。

『世界の平和と親善を祈願して愛媛県東温市の高岡正明さんが開発した陽光(ヨウコウ)桜を国内外へ無償で贈り続けている。この品種は 「天城吉野」に「台湾緋桜」を交配して作られ、実生苗の中から選び抜き育成されたもので樹勢は強く、テングス病に強く胴枯れもしない。
最良の組み合わせで作出され”天地に恵みを与える日の光” という意味の 「陽光」と命名し、農林水産大臣から桜としては全国で初めて種苗登録147号として証明された。開花期は一般的な桜より、早く咲くなどで区別ができ、 蕾の色は明るく赤紫、花は下向きで一重の抱え咲きで花弁全体の形は円形、切れ込みは小さく、表面のしわも小さい、長さは短く、巾は中、枚数は5枚である。 鮮やかなピンク色(緋色)が特徴の大輪』とのことです。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | チェンマイなどの季節の花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本桜の苗木が市場にあるとはビックリニュースですが、さすが庵主は元理科の先生、解説が詳しいですね。
Posted by 菅 久雄 at 2016年02月19日 10:33
車の窓から見ただけなのですが、チェンマイプラザホテルの前に桜色!の花があります。
機会があれば、ゆっくり眺めてみたいと思っています。
Posted by タイブログランキング at 2016年02月19日 19:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433985717
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック