2015年09月08日

チェンマイ県ウァンヘーン郡でミャンマー国境市場オープン

20150907newsA.png

 チェンマイ県ウァンヘーン郡ピアンルアン地区のラックテン村にはミャンマー国境があり、長い間閉鎖されてきた。しかし、今年2015年末にAEC(アセアン経済共同体)が発効することから、タイとミャンマー政府は国境貿易や観光開発のために今後国際国境として開放していくことで合意。その準備段階として、9月6日の日曜に、ラックテン国境村(ด่านหลักแต่ง)で試験的に国境市を開催。両国の地元住民らが商品を持ち寄って賑わった。この国境市は毎週水曜と木曜の2回、午前6時から午後2時まで開かれることになっている。

タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(2015年09月08日付引用)


ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミャンマー(ビルマ)国境情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック