2015年07月04日

タイ・バンコクにテーマパーク「スノータウン」がオープン

20150704snow.png

 “死んでも雪が降らない(?)”熱帯のタイ。それならば、人工降雪装置で雪を降らせて雪国を再現すれば“こりゃ儲かりまっせ!”とは、素人でも思いつく。

 実は、チェンマイ動物園には「スノードーム」が出来ており、かなりの人気となっていた(今は人気も衰えたかな?)。そして、ついに7月3日に、バンコクで日本の雪文化を発信する東南アジア初の本格的な雪のテーマパーク「スノータウン」がオープン! 日本の雪景色と、北海道・小樽の街並みをイメージしてのテーマパーク。(以下に関連記事)・・・

   <タイ・バンコクに「スノータウン」が開業 日本の雪文化発信

【バンコク=岩田智雄】日本の雪文化を発信する東南アジア初の本格的な雪のテーマパーク「スノータウン」が、タイの首都バンコクの商業施設内に完成し、開業式典が3日、行われた。メーンの雪の広場では、南国タイの子供や若者がスキー体験など雪遊びを楽しんだ。東南アジアでの日本観光人気を追い風に、集客拡大を図る。日本の不動産投資会社が出資する「スノータウン(タイランド)」が約6000万バーツ(約2億2000万円)をかけて建設し、約750平方メートルの広場に人工造雪機で深さ30〜40センチの雪を積もらせた。和食店や浴衣の試着コーナー、日本で子供に人気の「お絵かき水族館」をアレンジした「お絵かきタウン」も備えている。日本の食や文化、観光情報を伝える常設スペース「ジャパンPRカフェ」では、みそ大手のマルコメ(長野市)が1カ月間、みそ汁などの宣伝と販売を行う。{産経ニュース・2015.7.3 21:27配信を転載}

 ◎スノータウンの公式ウエブサイトは以下を参照。
  http://www.snowtown.co.th/th/home

ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック