2015年05月25日

チェンマイ県ウィアンヘーンの国境を第2のメーサイ国境に!

20150525newsAAA.png

 5月24日に、チェンマイ県行政機構長であるブンルート・ブラナパコーン氏は、今年2015年末に発効するAEC(アセアン経済共同体)を控えて、県内ウィアンヘーン郡にあるラックテン村国境を国際国境として早くオープンすることを発表。この国境村からミャンマー首都のネピドールまではわずか200キロの近さで、国境が開放されるならば両国間の国境貿易の幹線ルートになることも考えられる。
 チェンマイ市内からウィアンヘーン郡まで約2時間で行くことができ、第2のメーサイ国境として賑わうことが予想される。また、メーテン郡クッチャン地区からメーテン川に沿ってウィアンヘーン郡への新道を建設すればさらに時間が短縮されることになる。いずれにせよ、ウィアンヘーンのミャンマーとの国境を早く開くようにしていくとのことだ。{hedlomnews.comより転載}

ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミャンマー(ビルマ)国境情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419556911
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック