2015年04月06日

チェンマイ・ソンクラーン水掛け激戦地の濠の水は清潔か?・その1

20150406mizuA.png 20150406mizuB.png

 毎年4月13日〜15日の間のエネーチケー(NHK)海外ニュースで海外の話題として必ず放映されるのが、チェンマイの旧市街を囲む四角い濠沿いでのソンクラーン水掛け市街戦の様子。(今年も必ず放映してくれないと私の立場がありませんので、エネーチケーさん頼みますよ!)・・・

 無礼講の水掛けなのでハチャメチャで楽しいのですが、掛ける水がなくてはどーしょーもない。そこで、濠に溜まっている水を、ひも付きの小さなプラスティックバケツで汲んでは通行人にぶっ掛けることの繰り返し。

 濠の水を頭からぶっ掛けられたり、顔にぶっ掛けられたりすると、生温かくかつ濁っている濠の水だけに、「この汚い水で大丈夫かいな?」と、標準的清潔感を持つまともな方は首を傾げる。

 あの濁った濠の水を見ただけで、「大丈夫な筈はない!」と、日本人なら誰でも思う。思っても、次から次へと濠の水をバシャと掛けられるのでなす術がない。その結果だが、日頃の行いがよくない方は、数日後に目の炎症となる。

 チェンマイ・ソンクラーン水掛けの必需品は携帯防水袋、お金を入れる防水財布など数々あれど、ソンクラーン参加なので“参天製薬の目薬”は知られざる必需品。水掛の後に目薬を差すのを忘れると、目の炎症を起こす確率が高くなるかと。

 日本の目薬ですがツルハドラッグのミーチョーク店かメーヤ店にあるかもしれませんが、本当のところは必要な方がお確かめください。“ためして参天?”

 ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・ソンクラーン・2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック