2014年11月07日

小雨降りしきる満月の見えないチェンマイ・ローイクラトン・2014

20141107roikuratonA.jpg 20141107roikuratonB.jpg
    素焼き灯明のプラティープ                   バナナの葉でできた伝統クラトン

 日本の一部まで見えている東南アジアの雲の衛星写真(ココをクリック)から、「チェンマイの今年のローイクラトン本番は雨に降られるのでは?」と大胆な予想。ピッタシ的中して、昨夜も、小雨がほとんど止むことなく降りしきるではないか。・・・

 満月の夜、例年ならば隣近所の家がプラティープ(素焼き灯明)の光の列に幻想的に浮かび上がる。しかし、今年は、降りやまぬ小雨で我が庵では、近所の家も含めて、プラティープの光の飾りも、コムロイ舞い上げもなく、何もない異常なローイクラトンの夜に。

 近くの農道に散歩に行くと、小雨の中でも花火の爆発音はまあまあ賑やかに夜空に響くが、舞い上がる赤い光のコムロイは1つまた1つと散発的。それも雨粒が落ちてくる曇り空では見栄えもしない。それでも庵では、小雨がほぼ上がった隙を狙って、プラティープの灯りで門扉や塀や出入り口を飾ることができた。

 今夜はローイクラトン最終日。もし、夜に雨が降っていなければ、昨日の分のコームロイと花火が鬱憤を晴らすように空に放たれるので、さぞかし賑やかな夜空になるに違いない。終わりよければすべてよしということで、それを期待しよう。

 ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・ロイクラトン・2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック