2014年10月29日

ロイクラトンの3日間!チェンマイ空港午後6時以降の全フライトキャンセル!

 チェンマイ空港当局は、ロイクラトンの夜に大量のコムロイ(コームロイ・紙熱気球)が打ち上げられるのが、発着する航空機のエンジン故障につながって危険だと判断。従って、11月5日〜7日の3日間の午後6時以降の航空機の発着をすべてキャンセルすると発表。それによると昨年は空港内滑走路だけでも1,419個のコムロイが落ちてきていたとのこと。チェンマイ県当局などは、昨年のロイクラトン期間には、チェンマイ空港を中心に幅4.6キロ、長さ18.5キロの範囲での指定夜間時間帯でのコムロイ打ち上げを全面禁止処置にした。にもかかわらず、その禁止区域でのコムロイの打ち上げが行われて、離発着航空機が危険な状態となった。そのことを踏まえて、今年は上記のような措置となった。このことにより、3日間で120便余りのフライトがキャンセルになり、このことによる直接的損失は200万バーツにものぼると推定されている。
 なお、コムロイであるが民家や工場などの屋根に落ちてボヤや火事になる被害が過去に繰り返し起こっている。そこで、コムロイには以下のような規制が設けられている。用いる材料は紙、骨枠は竹ひごと自然の物に限り、紙の代替のプラスティックは禁止。竹ひごを結ぶ細鉄線は直径0.5ミリで24番を使用。円筒形紙気球の直径は90センチ以下、高さは140センチ以下。また、熱源は蜜蝋かパラフィンに限り、その重量は55グラム以下で、8分以内に燃え尽きるものとする。また、コムロイに花火などの飾りをつけるのも禁止されているなど、コムロイに対しては細かい規定がある。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2014/10/29)

 ◎11月5日〜7日間の午後6時以降のフライトを予定している、日本から、あるいはバンコクなどからのチェンマイ空港利用者は要注意です。昨年も、急にキャンセルになってバンコクで足止めを食らった日本の方が少なからず出たようですので。

 ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | チェンマイ・ロイクラトン・2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3日にチェンマイ入り6日午後6時50分チェンマイ発昆明行で帰る予定なのですが
このニュースでみると全てのフライトが
キャンセルになるのでしょうか?
それとも当日の状況見てキャンセルするかどうか決まるのでしょうか?
Posted by numata at 2014年11月03日 03:27
 地元新聞では午後6時以降の全便がキャンセルとのこと。正確な情報は航空会社に直接確かめた方が無難かと。お役に立てずに申し訳ありませんでした。
Posted by 新明天庵 at 2014年11月03日 09:24
そうですね。ありがとうございます。
こんなお祭りあること知らずに日程決めてしまいました。よく調べてみます。
Posted by numata at 2014年11月03日 13:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック