2014年06月03日

反軍政デモ参加者の3本の指を立てての抗議の意味は?

20140603three.png
 タイで密かに流行りつつある謎の3本指サイン

 タイでは軍事クーデターに抗議する市民が、右手の指3本を立てて腕を高くあげるサインを始めた。この3本の指には、上記写真のように、「自由(เสรีภาพ・セェリーパープ)、平等(เสมอภาค・サムーパーク)、友愛(パラダラパープ)」の3つの意味を表しているとの説明もありますが?・・・

 確かなことはわかりません。また、この3本指を立てての抗議のサインは、米人気映画「ハンガー・ゲーム」で、主人公らが支配者への抵抗を示すジェスチャーからきている、との説明もあるようです。これも、映画を見ないと確認できません。

 いずれにせよ、この3本指を立てて腕を高く上げる抗議パフォーマンスは、今後反軍政を表明するのに、広範囲に使われる可能性が出て来ています。

 右腕を高く上げて3本指(人差し指、中指、薬指)サインを試みると、親指と小指がうまく曲げられずに“見栄えの良くない”3本指サインになってしまいがち。慣れぬことは急には出来ません。(別にする必要などないのですが)。

 日本の礼儀作法に“三つ指を立てて挨拶する”というのがありますが、これとは全く関係ないので、お間違いのないように。でも、日本人ならまずこれをマスターすべきでしょうね??!!

 ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック