2014年05月23日

インラク前首相らタクシン派幹部23人に出頭命令!

 クーデターで全権を掌握した組織の呼称ですが、「国家平和秩序維持評議会」というのか、それとも、「平和・治安維持指令部(POMC)」というのか。どちらが適切なのでしょうか?・・・

タイ軍部、インラク前首相らタクシン派幹部23人に出頭命令

【タイ】クーデターで全権を掌握したタイ軍部はタクシン元首相の妹のインラク前首相、義弟のソムチャーイ元首相らタクシン派幹部23人に対し、23日午前10時にタイ陸軍の施設に出頭するよう命令した。
 出頭命令を受けたのはこのほかに、タクシン元首相の妹、インラク前首相の姉で、ソムチャーイ元首相の妻のヤオワパー元下院議員、タクシン元首相のいとこのチャイヤシット元陸軍司令官、タクシン元首相の法律顧問であるノパドン元外相、タクシン元首相の参謀役で、インラク前首相の政策顧問を務めたパンサク氏、ポーキン元国会議長ら。
 軍部はすでに、タクシン派政権の閣僚数人の身柄を拘束したとみられ、首相代行のニワットタムロン副首相兼商務相ら閣僚18人に出頭を命じている。{《newsclip》2014年5月23日(金) 03時50分配信を転載}

 ◎今回のクーデターでは、憲法を一時停止、タクシン元首相派政権を解任。一方、選挙委員会など憲法で規定された独立組織、裁判所、上院といった反タクシン派寄りの組織は存続させたことになります。となると、クーデター後は、上院から政権を選ばせるプログラムになるのでしょうかね?

 ◎以前から噂されていた、“インラック前首相の国外逃亡”の可能性は? 出頭期限の23日午前10時に注目ですかね?

 ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの気になる話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック