2014年02月23日

チェンマイ庵田舎のカオソーイ(カオソイ)もなかなか旨い!

20140223kaosoiA.jpg 20140223kaosoiB.jpg

 妻と娘は所用でチェンマイ市内へ。独りで留守番のお昼。昼食は、田舎集落で人気のひなびた大衆食堂へカオソーイを食べに行くことに。看板も名もない普通の民家食堂だが、安くて美味しいとの評判で、いつでもかならず客がいる。・・・

 小さな集落内にあって、必ず客がいるということは尋常ではない(?)食堂ということだ。注文したのは“カオソーイ・ガイ”とライス。大学生だった頃から、ラーメン・ライスと餃子・ライスが病み付きになっていた。一度身についた習慣とは恐ろしいものである。チェンマイにやってきても、なぜかカオソーイ・ライスを時々発作的に注文する。

 カオソーイとは“カレーラーメン”に近いので、カレーライスのように、カオソーイ・ライスが案外的を得ている食べ方ではないかと。いっそうのこと、白いご飯にカオソーイをぶっかけて試食してみようかと密かに考えている。どなたか、その先駆者に名を連ねませんか?

 ここのカオソーイですが、こってりスープでなくマイルドなそれで食べやすい。つき出しの紫タマネギと野菜漬物がたっぷりで、マナーオを絞ってその付け出しに振り掛ける。それを、まとめてカオソーイの丼に中に入れると、結構なボリュームになる。それをご飯と一緒に食べるので、お腹が一杯になる。

 値段ですが、カオソーイ30バーツ、ご飯5バーツの合計35バーツ。さすがに、田舎集落の大衆食堂は随分とお得な価格。35バーツで昼食を済ますことができるなんて、チェンマイ市内ではなかなかできないかと。田舎カオソーイ&ライスの昼食もたまにはいいものである。

ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイなどのカオソーイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック