2013年06月07日

ランプーン・ウォリアーFCに日本人の石川 令選手が加わる

20130607football.png
   初の日本人選手となる石川 令選手


 「タイプレミアリーグに行こう!」のサイトに以下のようなニュースが。

 『6月6日、過去に南米や欧州などでプレー経験のある石川 令(26歳)が、Division-2北部地区のランプーン・ウォリアーFCと契約を結んだ。ランプーン・ウォリアーFCはタイ北部チェンマイから南に約30Km、タイ北部で1番古い都市「ランプーン」を本拠地とするクラブ。小さい街ながらもサポーターは多く、スタジアムは常に満杯に近い。』・・・

 同時に、6月7日付地元新聞であるチェンマイニュース紙のスポーツ欄でも、上記の写真入りで新加入の石川 令選手を紹介。

 16チームあるDivision-2北部地区だが、前期15試合を終えた段階で、チェンマイFCが首位、ランプーン・ウォリアーFCは3勝7敗5引き分けで12位に低迷。そこで、後期に巻き返しを図るために5人の選手を入れ替える補強を実施。その5人の中に石川 令選手が入った。

 ランプーン市はチェンマイ市と車で約30分余りの近い距離。また、ランプーン工業団地には多くの日系企業があり、駐在や現地採用も含めて多くの日本人が働いている。また、驚くべきことに(?)、ランプーンには日本人のサッカーチームまである(機会があれば後日に紹介)。

 こうなると、ランプーン・ウォリアーFCに移籍した初めての日本人選手として、ランプーン在住はもとよりチェンマイ在住の日本人で、石川 令選手の活躍を応援したいものだ。でも、チェンマイ市内からランプーン市に出かけての応援は、夜遅くなることもあってちょっと難しいかも。

 いずれにせよ、ランプーン・ウォリアーFCに初登場のサムライ日本選手は、サポーターから熱い注目を集めているようです。ちなみに、次のホーム(メークワーンスタジアム)での試合は、6月16日(18:00-)に、チェンライシティFCを迎えての一戦となっているようです。

 ◎石川 令選手の経歴などは以下を参照
  http://www58.atwiki.jp/crespo/

 ◎ランプーン・ウォリアーFCのフェイスブックは以下を参照(石川選手の紹介写真もあります)
  https://www.facebook.com/LamphunWarrior?ref=ts&fref=ts

  ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング



posted by 新明天庵 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。