2006年10月28日

ランナーカミンのお母さん

 先日のブログで「ランナーカミン・コンサート」のお知らせを。野暮用でチェンマイ市内にバイクで出たついでに、グランドオープンしたランナーカミンのお母さんの店(写真下)に立ち寄ったのだが・・・

これが新レストランの入り口

 お店の名前は“フーン・スンタリー・ウェチャーノン”。フーンはカムムアン(チェンマイ語?)で家、スンタリー・ウェチャーノンはお母さんの姓名。いうなれば“都はるみの家”と名付けたような、何の突っ込みようもない店の名前(そういえばそうなのだが?)。

 店先で働いていた男の人に訊ねる。
 「ランナーカミンのコンサートは今夜では?」  「昨日の夜でしたよ!」
 「??!!(まあ、終わったものは仕方ないか!)」

 店の中を勝手に覗かせてもらったのだが、やはりランナースタイルを意識した、斬新な造りのライブ・レストラン。ちょっと額入りの写真が多いのだが、眺める価値はあり。
 これはチェンマイの魅力的なレストランとして、これからチェンマイ関係の旅行雑誌には、必ずお薦めスポットとして紹介されること間違いなし。
 ということで、次号86号「CHAO」で詳しく紹介予定となっていますので乞うご期待を!

 というのでは、「出し惜しみするなよ!」との不満が出そうなので、店内の様子を写真で以下ちょこっと紹介。ちなみに、ランナーカミンの話題の新譜のポスターをもらっちゃいました。

 新しい店もピン川河畔にお洒落なランナー様式造り

テーブル席の向こうにはピン川が流れています

 レストラン内にはランナーカミンの写真がたくさん

サイン入りの写真もらうの忘れた??!!
 
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの気になる政治や経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック