2011年12月17日

キミ(木野村公昭)選手が値千金の追加点ゴール!

20111217FCB.jpg 20111217FCA.jpg

 第32節でホームでの最終戦となるチェンマイFCの試合。前節のホームでの試合では、負傷が完治してベンチ入りできたものの試合には出られなかったキミ選手。今回は、ホームでの最終戦だけに、サッカーグランドの上で元気で走り回る姿を、途中出場でも構わないので、是非とも見たかったのだが・・・

 このホーム最終戦のフィールドでも、キミ選手が見られないとなると“この世の終わり(?)”の感さえする(滅茶苦茶オーバーな表現ですな)。しかし、最終戦でも出場機会がなければ、残念至極ではあるが、実力と運が必須のスポーツ選手だけに、それはそれとして仕方のないこと。

 午後6時の試合開始10分ほど前に、正面スタンドの観客席に陣取る。すでに、出場予定選手は控室に下がっているようで、フィールド内で残って練習中の控え選手と、ベンチ内の控え選手の姿しかない。その控え選手の背番号を目で追うと、キミ選手の24番がどこにも見当たらないではないか。

 ひょっとしたら先発出場?・・・などとの考えは思い浮かばず、もうチームを辞めたも同然になってしまった?・・・との悪い予感が先走る。このスタジアムには大型の電光掲示板があり、以前の試合では、試合前に両チームの出場選手を顔写真と背番号を電光表示して紹介。でも、電光掲示板が古くなったのか、最近はそんな当たり前の紹介もまったくなくなった。

 その代りに場内放送で、両チームの出場選手を紹介し始めた。耳を澄まして聞き入ると、「24番キミ選手」の名が耳に入ってくるではないか。これで肩の力がぬけて安堵。ホーム最終戦が久々の試合出場と重なったようで、これで応援に来たかいがあったというもの。

 試合のたびに応援の日の丸旗をSさんに持ってきてもらっていたのだが、このところ、その旗を広げて振る機会がないままにとうとうホーム最終戦。最後の最後に、日の丸旗を思う存分振らせてもらえることに(まあ、ビールを飲む時には、旗振りもしばしお休みなのだが)。

 さてキミ選手先発の試合開始。ところが、いつもの守備のポジションにキミ選手の姿がないではないか。「キミ選手のポジションは??!!これまでの守備の右サイドバックでなく・・・まさか攻撃の右フォワードに変更では?」と、いつも一緒に観戦のSさんに語りかけてしまう。しばらく、試合でのキミ選手の動きを注視。間違いなく、攻撃の右フォワードで精力的に走り回っているではないか。

 チェンマイFCのこのホームで迎え撃つ相手チームだが、それが弱いか強いかは、実は試合開始前に一目瞭然。というのも、相手チームの応援スタンドを眺めると、強い上位のチームは大型観光バスを何代も連ねて、多くの応援団を運んできて、派手で賑やかな応援。弱い中位や下位のチームほど、アウエーで敵地に乗り込んできた選手に可哀相なくらい、はるばる駆け付ける応援団の数は少ない。それはそれで納得せざるを得ないのだが。

 さて今回の対戦相手であるランシットFCの応援席を眺めると、観光バス1台分程度のわずかな数の応援団員。とはいえ、敵は第10位で、こちらは16位のベッタ3位で、これで相手が弱いなどというのは事実誤認。しかし、ホームの試合となるとその有利さがあるので、試合開始からチェンマイFCペースの展開。

 前半に相手ゴール前の混戦からラッキーゴールで先取点(後日、その先取点もキミ選手が得点したと判明しました)。その後、フォワードのキミ選手があわやゴールという場面をアシストしたり、自らゴール前に飛び込むなど、目に見えての活躍ぶり。そして、前半終わり近くに、再びゴール前の混戦から、最後はキミ選手がボールをゴールに押し込んで、予期せぬ(?)追加点を奪って2対0。

 初めての攻撃のフォワードポジションのキミ選手。いわば点取り屋の役割なので、このホーム最終戦で1点でもゴールしてくれたら、それこそ最高の形でホームでの最終戦を飾れる。そのことを密かに期待していただけに、ゲームは結局2対0で勝利し、その通りになるなんて、キミ選手も最高に喜んでいるに違いない。
 
 試合後のグランドでは、キミ選手の大活躍をねぎらったが、汗まみれだがその表情はキラキラと輝いている。多くのサポーターに取り囲まれて、次々と一緒の記念写真やサインを求められるキミ選手。まさしくこの勝ち試合のヒーローといっても過言ではないような、サポーターのキミ選手への愛着ぶり。

 あと残すはアウエーの2試合のみ。その2試合で、デビィジョン1に残るか、下部のデビィジョン2に降格するかが決まる。しかし、ホームの応援サポーターの人たちに対して、このホーム最終戦は、キミ選手にとって最高の形で終えられたのではないか。「これまでの苦難苦闘、悩み、我慢などが無駄ではなく、最後の最後で報われた!」と、キミ選手が喜びを噛みしめていることを信じたいものです。(大きなお世話かも?)

 残り2試合は絶壁に追い詰められての重要なアウエーでの試合。応援に行くことはできませんが、キミ選手の活躍を楽しみにしています。悔いのないように2試合、思う存分戦ってきて欲しいものですね!

 ちなみに、この試合観戦でキミ選手のゴールがあってからは、日の丸旗を振る私に「キミは最高!」などといいながら、握手を求められる場面が。また、試合後にはなぜか私にまで、「一緒に写真を撮って!」とせがんでくるギャルサポーターが出てくる始末。これも、色白ハンサムの若き日本人サムライのキミ選手を応援している、そのオコボレだと喜んでいます。その写真は家庭騒動の原因にもなりかねないので、絶対に公表できません。悪しからず!

■タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ロングステイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日の試合 残念ながら忘年会と重なり見に行く事が出来ませんでした。
フォワードとして活躍の姿 是非見たかったです。
あとは2試合勝って、他が落ちるのを期待するしか、ないですが取り合えず買って欲しい。
そしてデビジョン1残留して、2012年もキミ選手の活躍を見たい!
Posted by 近藤 at 2011年12月18日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック