2009年08月19日

チェンマイ・カオソイ(カオソーイ)の元祖は雲南カオソイ

 「ココナッツミルク入りカレー麺」とでもいえるのが、チェンマイ名物「カオソイ(カオソーイ)」。チェンマイに来てカオソイを食べなかったら、チェンマイに来たことにはならない、とまでいわれているのだが・・・

チェンマイの雲南カオソイ

 カオソイ(カオソーイ)といえば当誌第59号ですでに特集で紹介。だが、それからその特集第2弾が、多くの読者から期待されながらいまだに出来ていない。

 そこで、カオソイ(カオソーイ)の源流ともいえる雲南カオソイ(カオソーイ)を探る旅に・・・。その結果は今後の「ちゃーお」に乞うご期待を!

 なお、上記写真はファン郡の小さな中国人村の「カオソイ(カオソーイ)ユンナーン」(注:雲南はユンナーン)で、チェンマイ市内のカオソイとはかなり違いますね!
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイなどのカオソーイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック