2018年11月01日

11月1日(木)・チェンマイのお天気・気候など

■新明天庵測候所・11月1日(木)の気象データ■
          最低気温  最高気温
(軒下日陰)外気温:20.3℃    34.3
(窓の壁際) 室温:23.1℃    28.5℃

 <今日の雲の衛星写真・13時
20181101skyA.png
 雲の衛星写真なのだが雲がない北タイ

【空模様など:朝方の最低気温が、冬季に入ってからの最低の20.3℃とひんやりした朝。ひんやりした朝の後の日昼は、雲は浮かぶものの安定した晴れの爽やかな天気。

 天気図を見ると、中国大陸の乾いて冷たい高気圧の勢力が北タイやイサーンまで広がっているようだ。それは、北タイの冬季の典型的な気圧配置。

 『タイの東北部、北部で徐々に気温が下がり、朝夕はひんやりとしてきた。タイ気象局によると、11月1日の最低気温は東北部サコンナコン市で16.7度、北部チェンライ市で18.1度、バンコク(ドンムアン空港)で22.6度だった。最高気温はいずれも31度を超えた。気象局は10月27日に寒期(乾期)入りを宣言した。』との記事が。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 21:00| Comment(0) | 天気&空模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンマイ・ターペー門から鳩の群れが消える異変?

20181101newsA.png
 古都景観など無視(?)の大型の警告看板

20181101newsB.png
 11月1日時点ではハイこの通り!

 古都チェンマイ観光のゲートウエーとも言われるランナー王朝の都の城塞の1つであるターぺー門。しかし、最近は多くの観光客が餌を与えるために、広場には鳩の群れがいつくようになり、周辺住民から“病気を持ち込む鳩害”の苦情が絶えなかった。
 しかし、「ハトに餌をやると罰せられます!」との大きな看板が出現し、警察も見張りをするようになり、上記の写真のように、100羽以下に激減して、ハトのいない落ち着いたターペー門に戻りつつあるようです。たぶん、中国人観光客は「ハトの群れのいないターペー門なんて・・・??!!」と、さぞかしぼやいているでしょうね?

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 17:00| Comment(3) | チェンマイ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする