2018年10月05日

メーホンソン県でタイヤイ族の伝統オークパンサー行事

20181005eventB.png

 旧暦11月の満月の日の「オークパンサー(出安居)」は、旧暦8月の満月の「カオパンサー(雨安居)」から3ヶ月間、寺にこもって修行をしていきた僧侶達が修行を終えて寺から出てくる日。タイ仏教のカレンダー上での“雨季明け”を意味している。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | メーホンソーン県情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする