2016年09月29日

福井が発祥の地のコシヒカリとタイ産米“イトウ”

image-17a98.jpg

故郷の福井に一時帰国すると、何と言っても、コシヒカリの美味しいご飯が思いっ切り頂けること。チェンマイでもチェンライ産日本米が食べられるが、福井のコシヒカリには足元にも及ばない。

炊く時の水の違いも多少はあろうが、コシヒカリの新米となると、同じ日本米とは到底思えないほど。

故郷の田舎に戻り、取りあえず、5キロ入りの比較的安価な新米コシヒカリを1,800円で購入。タイのバーツ換算額では600バーツ余りになろうか。

となると、1キロ360円、1キロ120バーツ。バーツ換算すると、腰が抜けるほど高価だよ驚く。だって、チェンマイの田舎庵暮らしでは、台所には、1リットル23バーツ(1キロでは30バーツ・90円余り)の“イトウ”という品種のタイ米を買い置き。それを炊いてご飯にしてる。

タイ米と言えば、ホームマリー(ジャスミン米)が一般的で人気がある。でも、焼き飯やカレーには適している がパサパサの食感。

それに対して“イトウ”品種は日本米に似た粘りがあり、お握りや巻き寿司にしても、日本米に近い食感がでる。まあ、1キロ70バーツ前後(210円前後)のチェンライ産日本米には及ばないのは仕方ないのだが。

さて、上記写真の“越前しきぶ姫”なる新米であるが、近くに住む兄が、自分の田んぼで収穫した飯米。13.5キロという中途半端な重さが大いに気になるのだが、無料なのでありがたい。

毎日、美味しいご飯が頂けるのだが、体重が増える悩みが。どうしたものか? 早急に対策を講じなければ・・・と焦る毎日。

posted by 新明天庵 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井の故郷は秋雨前線停滞で雨降る毎日


image-082fe.jpg
今朝の蕎麦の田んぼと雨雲

image-72f51.jpg
今朝は日野山は雨雲で見えない

9月26日夕方前に故郷の家に、チェンマイからの長旅の末に到着。家に着く前から、雨に見舞われた。

翌日27日、日昼は晴れ時々曇りで、夜は小雨模様。28日は雨が降ったり止んだりで、暗くなってから小雨模様。今朝方は、昨夜からの雨が降り続いて、止む気配はない。

4日間連続して雨に降られていることに。タイミングが合わないこともあるのだが、先祖代々の墓参りに、まだ出かけられない“異常な天気”。

どうやら、秋雨前線が停滞して連日ぐずついた天気になっているようだ。こちらの日昼の気温は雨や曇りだと23℃前後。涼しいというより肌寒い。でも、晴れると蒸し暑いチェンマイの今よりは、こちらの方がかなり過ごしやすいと思う。

チェンマイでお亡くなりになってから数年以上のなるのだが、インパール作戦の奇跡の生き残り日本兵の木田敏男さん。同じ福井県人として、チェンマイで良くして頂いた。

「私は春の彼岸と秋の彼岸が来たら、毎年日本に2ヶ月ほど帰って、日本の春と秋を楽しむことにしていますよ」
木田さんが嬉しそうに言っていたことを思い出してしまった。

秋雨前線が南下して、秋晴れの日々が早く戻って欲しいものだ。タイのチェンマイから、「日本の秋のシーズンステイ」に、家族でやってきたのだから。



posted by 新明天庵 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

夕食は武生(越前市)の王将で!

image-1aae7.jpg
餃子定食

image-18b5c.jpg
レディスセット

一時帰国した時には、必ず家族で食べに行くのが中華料理の王将。私は餃子定食 、妻はラーメン定食、娘はレディスセット、甥はお子様ランチ。・・・

チェンマイ田舎では絶対に有り付けない中華料理。4人で3140円(約1000バーツ余り)なので、そんなに高くはないかと。

味の方は、随分と久しぶりの本格中華料理で、なんでも美味しく頂きました。中華料理は王将に限る、とまではいいませんが。

日本に暮らす日本人は舌が肥えていて、餃子の王将などそれなりの庶民の味なのかもしれないだろうが。

メニューや店内ポスターには、値段の数字が大きく書かれて、その後に「プラス税」は目立たぬように小さく記されている。

いざレジで精算する時には、消費税の8パーセントが加算されての支払額となる。日本にいる日本人には慣れてしまって、どうせ不感症(?)になっているのだろう。

でも、税込価格表示が当たり前のタイから来ると、「詐欺に似た税別価格表示?」に思えてならない。羊頭狗肉の価格表示と言っても過言ではないのでは?

これでは、消費税が10パーセントに値上げされても、目立つ値段はそのままで構わないことになる。こう考えると、やはり変ですよね。

image-b2d6c.jpg
image-222e8.jpg
posted by 新明天庵 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

福井の故郷の朝は初秋の訪れ


目覚めて、2階の窓を開け山を眺める。ほぼ1年ぶりの「越前富士」日野山(ひのさん)との起きがけの再会。「故郷の山に向かいて何も言うことなし」の心境。

故郷の庵から外に出ると、一面蕎麦の白い花の休耕田が目の前に広がる。そして、蕎麦の花の白い絨毯の前には真紅の彼岸花。今年の秋の彼岸は5日前の9月22日だったので、まだ、咲き残っているのだろう。

懐かしい草花を見つけた。
チェンマイではなぜかうまく育たない紫蘇が、ここでは雑草のように逞しく育つ。(青紫蘇は育つのだが)。チェンマイでは青梅が、1キロ30バーツ前後で入手できるのだが、紫蘇がないので、日本のような梅干しが作れないのが、残念至極。ここではなんで簡単に育つのか?本当に不思議というか、謎めいている。

「雨に濡れた露草の花が、紫陽花の花よりも、心に深く沁み通ります」。確か、チェンマイにも露草の花はありましたよね?

福井の故郷は、草花や青い空の雲が、初秋の訪れを告げています。やはり、チェンマイでは日本のような秋は・・・望むべきもないようです。


image-4d079.jpg
朝の日野山と初秋の雲

image-476d0.jpg
蕎麦の白い花と初秋の雲

image-4ccc5.jpg

image-c3e51.jpg

image-cb0f5.jpg
posted by 新明天庵 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンガポール-チャンギ国際空港のwifi-freeは簡単便利

image-97a8a.jpg
image-423e5.jpg

image-50f69.jpg
上記写真はインフォメーションカウンターでもらったパスワードメモ2つ

Wifi-Freeのパスワード入手だが、2つの方法があり、便利になっている。

1つは、多くの場所にあるインフォメーションカウンターで、パスポートを提示すれば、それをスキャンしてから、パスワードの5桁の数字をプリントアウトした紙片をくれる。 

もう1つは、パスポートスキャン機にパスポートを読み取らせて、画面に出たパスワードの数字をメモする。

簡単便利になっていますが、1回3時間のようです。切れたら、再登録すれば良いかと。

私は昨年同様に、インフォメーションカウンターに4人分のパスポートを持って行きました。だが、1冊のパスポートのスキャンでよくて、4枚のパスワード紙片をくれました。いやいや、粋な計らいではありませんか!

バッテリーチャージャー席もほどほどあって、割りと簡単にチャージ出来て、これまた便利になっています。

でも、他の国の国際空港を知りませんので、もっと便利な空港があるかも知れませ。少なくとも、関西空港よりは格段に便利かと。この点に限っては、「おもてなし」日本が負けていると思いませんか?

2016年09月26日

タイ・チェンマイの祭事・2016年10月 

10月1日〜9日・เทศกาลกินเจ (テーサカーン・キンジェ)・Vegetarian Festival (菜食週間)
 全国各地で行われる菜食週間。もともと中国系住民の行事だが、国内各地で催され、一般タイ人も参加する。10日間(今年は9日間)と決められており、身を清めるため、魚や肉のほか、臭いのきついものを食べてはならない。期間中ベジタリアン料理のみを出す食堂や屋台は、「齋(ジェー)」という黄色の旗を立てる。本来は菜食、禁酒のほか性交も禁じられており、期間中は白装束が義務付けられている。

10月16日(日曜)・オークパンサー(雨安居明け、陰暦11月の満月の日)
 雨季に入って寺に籠って(カオパンサー・雨安居)の厳しい3ヶ月余りの修行期間の終わりを告げる日がオーク・パンサー(出安居・であんご)。

 タイヤイ族(シャン族)の仏教では、ワン・オークパンサー(出安居)の満月の夜に、“ジョンパラー(写真参照)”と呼ばれる独特の飾り御輿(みこし)を、タイヤイ寺に奉納する伝統仏事が行なわれるようです。

 "テオロハナ"儀式・オークパンサーの早朝に、修行明けの僧侶たちが一斉に寺から階段を下りて出てきます。チェンマイでは、チェンマイ大学の裏山にあるファーイヒン寺から、500人余りの僧侶が降りてくるのが有名です。

10月23日(日曜)・チュラロンコン大王記念日で祝日
 今年は日曜と重なるので、月曜の24日が振り替え休日。よって3連休になります。 

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

チェンマイで“Northern Cat & Dog Expo”2016開催

20160926cat.png

【日時】9月30日〜10月2日
【場所】セントラルプラザ・チェンマイエアポートのチェンマイホール
【内容】Cat Show&World Dog Show、Workshop D.I.Y. Cat&Dog Toy、Meet N’ Greet Celeb Catsなど各種イベント開催。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

ランプーンで最もお洒落なカフェ・Cafe de Lamphun

20160926cafeA.png 20160926cafeB.png
 
 チェンマイ市内を中心に“お洒落なカフェ”は今や目白押し状態。そんな中で、チェンマイのすぐお隣のランプーン市内にも“お洒落なカフェ”が誕生。ココをクリックして、まずは写真で楽しんでください。メニューの名前と値段をメモして出掛けましょう!

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

タイの国際ナンバープレートですよね〜?

image-423eb.jpg

チェンマイ空港へ向かう途中に見かけた、ワンボックスワゴンのナンバープレート。普通に見かけるタイのナンバープレートと違いますよね。

THAILANDの文字が入っていますよね。その後の2桁の数字がチェンマイ県を示していると思うのですが。

ナンバープレートのアラビア数字の最初の2桁はなんでしょうかね?

でも、タイ国内でこの国際ナンバープレートを常時付けるのは、問題ないのか知らん?

posted by 新明天庵 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 北タイ暮らしの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイステープ に沈む夕陽眺めてチェンマイ空港を飛び立つ

image-780f4.jpg

チェンマイ空港国際線搭乗ロビーですが、持ち込んだ空きのペットボトルに飲料水を入れようと、水飲みコーナーをさがす。


トイレ出入り口にある。中国人旅行者が給水に並んでいるのだが、手にカップラーメンを持っている人もいて、なんだか悪い予感。

「エッ?まさか・・・水でなく熱湯じゃないだろうな? それではペットボトルに入れられないではないか?」

でもやはり熱湯だった。他に探したが、熱湯給水機が2台もあるのに、水は見つからなかった。

搭乗待合ロビーを眺めると、熱湯を入れて、カップ麺を食べている中国人旅行者があちこちにいるではないか。


どうやら、熱湯給水を必要とする中国人旅行者の要望(我が儘?)で、チェンマイ空港搭乗ロビーから飲料水コーナーが消えてしまったようです。

娘が売店で水のペットボトルを買って来た。普通サイズ1本・・・コンビニで10バーツがなんと25バーツ。

チェンマイ空港国際線搭乗ロビーでの待ち時間に、腹が減るようなら、日清のカップ麺を持って行きましょう。でも、中国人と見られるは必定。あなたならどうする⁈

image-91190.jpg
image-75dfe.jpg
image-bcaaa.jpg

通り雨で中断もあり・ チェンマイソフトボール練習

image-0d0f1.jpg
image-1d091.jpg

朝に庵をバイクで出て、チェンマイ大学に向かうが、怪しい雲行き。小雨から本降りになると覚悟して、道路脇の大きな木の下で、一時停止。面倒だが、とにかく雨合羽を着る。

「このまま行くべきか?戻るべきか?」と、ハムレットの心境(?)
悩んで走っていると、雨は止んで、路面も乾いているではないか。ならば、行ってみるか?

準備体操が終わりかけで、またまた遅刻。合わせる顔がないのだけれども、顔を合わせないわけにはいかない。辛いところである(どこが?)

今回は、12人も(?)集まる。なんと40歳代の中年男性の方が初参加。仕方ないのだけれど、一緒の練習にちょっと戸惑っていたようだ。でも、少年野球をやっていたようで、まあまあ頑張ってくれました。

途中、通り雨で中断というハプニングもありましたが、汗を流して、楽しく過ごせました。

残念ながら、ランプーンの学校の女子ソフトボール部との親善試合は、朝の天候不順で順延になったようです。多分?










posted by 新明天庵 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンマイにも自動販売機はあった!

image-9816b.jpg
image-8a11d.jpg

日本にあってタイにないものの1つとして、屋外の自動販売機があろうかと。チェンマイでも屋外はもちろん屋内でも、自動販売機はないのが普通。

でも、まったくないわけではない。チェンマイ大学の学生食堂やYMCAホテルロビーにはあるのを確認。


いずれも、日本語がそのままの日本の中古のそれ。日本語を残して、説明タイ語を貼ってあるので、タイ語勉強中の方には、タイ語の勉強になります。

気になる販売価格ですが、市価より1から2バーツ高くしてある場合が多いようです。

カルピスソーダ缶が16バーツ(約50円)ですので、コーラ缶などもそれくらいの値段です。明らかに日本の販売機寄り安いですよね。

1バーツ、5バーツ、10バーツの各硬貨が使えるようですが、お釣りがちゃんと戻ってくるかどうかは、賭けに似てハラハラドキドキ。

戻って来なかったら、注意書きの電話番号に電話をかけて文句を言おう。タイ語を話せるならば・・・ですが。

私は小市民なので、釣りの無いように、10バーツと5バーツと1バーツを。でも、表示が100、150、160となるので戸惑うが、ボタンを押したら、カルピスソーダが無事(?)出てきて、感動しました。

でも、心臓に良くないので、今後は遠慮しますわ!

image-8dd9e.jpg
posted by 新明天庵 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 北タイ暮らしの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

ランパーンが鉄道のイベントを実施 

20160924newsCC.png

 ランパーン県は観光推進のために、タイ国鉄や鉄道の通っているランプーン県、チェンマイ県とも協力して、今年2016年10月から、来年2月までに鉄道のイベント6回開催する。第1回目は10月22日と23日に観光特別列車を運行。第2回目は11月5日と6日に、タイ最大の亜炭の露天掘りと、タイ最大の火力発電所のあるメーモ祭りに向けた観光特別列車を運行。第3回目は12月3日と4日に“父の日”の観光特別列車を運行。第4回目は12月24日と25日にクリスマス観光特別列車を運行。2017年1月14日と15日に“子供の日”の観光特別列車を運行。第6回目は2月11日と12日に観光特別列車を運行する予定になっている。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2016/09/23)


♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

9月24日(土)・チェンマイのお天気・気候

■新明天庵測候所・9月24日(土)の気象データ■
          最低気温  最高気温
(軒下日陰)外気温:23.5℃    36.5
(窓の壁際) 室温 :26.8℃    32.0℃ 
 
【空模様など:朝に一時通り雨で愚図ついた空模様。日昼は晴れて暑くなったり、曇ったり、通り雨と不安定な天気。雨季の天気というより、季節の変わり目の不安定な天気ということだろう。

 2軒隣の家から、庭になったランブータンの赤く熟した実を買い物袋に詰めたものをもらう。もちろん無農薬で安心して食べられるのだが、甘さもあって美味しく頂く。庭木には、ランブータンを1本くらい植えるのが賢い。猫の額ほどの庭しかない庵では、今さら庭木など植えられないのだが。】

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

チェンマイのドイ・インタノンで9℃観測・冬季近づく

20160924newsBB.png
 
 9月22日朝に、チェンマイ県にあるタイ最高峰ドイ・インタノン山頂付近で、雨季に入ってからの最低気温である9℃を観測し、周辺では深い霧に包まれた。冬になると、タイ最高峰の自然や寒さや雲海を求めて、タイ全国から多くの旅行客が押し寄せる。ドイ・インタノン国立公園当局では、11月1日からのキューメーパン遊歩道解禁に合わせて、道路や宿泊所、キャンプ場などの整備を行っていくことになっている。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2016/09/23)

 ◎ドイ・インタノン国立公園は第1級国立公園なので、外国人入園料は大人300バーツ、子供150バーツ。そして、ブログ「清邁極楽蜻蛉」さんのココの記事にも目を通しておく必要があろうかと。外国人の方が実際にどのように入園しているのかは、規則とはまた別のような気がします。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング